間取り上、水廻りをまとめた方がいい理由


◇水廻りの噂

「水廻りはまとめた方がいい」
住宅の間取りを検討していくと、そんな話をよく聞きませんか?

その理由は何でしょうか。


その方が安く済むとか。
使い勝手がいいとか。


色々言われてますが、本当のところどうなんでしょうか。
これには、もちろん明確な理由があります。

◇水廻りをまとめる本当の理由

地下にはピットについて、以前にアップしていますので、まずそちらをご確認ください。(☞地下室は必要?参照)

地下にはピットというスペースがあり、水廻りの配管がそこに集約されています。


水廻りをまとめる理由は2つあります。

 

①ピットというスペースを作るのには、通常の床よりも費用がかかる
②配管は長ければ長いほど費用がかかり、メンテナンスにもコストがかかる


要約すると、ピットというのは造るために大きなコストがかかるため、は小さければ小さいほど安く済みます。

また配管を短くするということは、配管が故障する可能性を小さくできることと、メンテナンスのコストも抑えやすいということになります。

 

結論として、水廻りを極力まとめる本当の理由というのは、1にも2にも、コストを抑えるためのものだということなのです。

ご参考にしてください。