水廻り(台所・トイレ・浴室)

脱衣室の収納の設計。 脱衣室は、生活感あふれる「超プライベート空間」。 でも友人を泊めるときには、必ず使う場所。 洗濯物、ギリギリまでしぼった歯磨き粉、黒ずんだタオル。 見られたくないものを、ササッと隠す為の「楽しむ」という機能も、普段の生活のしやすさを決める一手に。!

間取りを検討していくと、トイレの配置に悩む方が多数。それはトイレに窓を付けたいけど、間取りの真ん中付近にしか配置できない。ではそもそも何故窓が必要と考えるのか、本当はなくてもいいのでは? そんな疑問にお答えします。

水廻りのコンセント位置はどこでもよいわけではありません。 安全な場所というものがあります。感電などの危険から守る方法として位置関係についてご紹介します。今回は読者の質問に対して答えていきたいと思います。

キッチンは家事の中心で計画に力を入れる部分。 にもかかわらず、多くの失敗事例があります。 それは、初めに考えるべきことが間違っているからなのかもしれません。 理想のキッチン作りに役立つヒントご紹介します。

キッチンの前にある壁、どんなデザインにしようとお考えですか? さて、この壁にタイルを貼ろうとしている方。要注意です。 おしゃれでかわいいタイルと引き換えにあなたのイライラ増えるかもしれません。

「動線計画」は、間取り検討していく上でとても重要なポイント。もちろん意識されていることと思います。 ところで、このように数ある動線計画の中で、何を最も重要視していますか? 迷う必要は少しもありません。 もっとも大切にすべきは【家事動線】なのです。

脱衣室というのは、結構行き場を失うことが多いんです。 どこかの部屋と一緒にされたり。 なんとなく可哀想ですね。 では、脱衣室の狭さの限界を検討してみましょう。

トイレのドアは、外開きにするべき理由があります。 仮に内開き(トイレに向かって開く)とした場合、何が起こるのでしょうか。 想像してみてください。トイレで万が一、倒れてしまった場合。 ドアは開かなくなるのです。助けたくても。

くつろぎの部屋として和室を設ける。 その横に水廻りの設計。 アリなのかナシなのか気になるところですよね。 今回は読者の質問に対して答えていきたいと思います。 あなたなら間取りを見直しますか? それとも音の対策を考えますか?

洗面室と脱衣室は、一緒にした方がいいんでしょうか? そんな質問がよく寄せられます。 どんな場合に分けた方がよく、どんな場合に一緒にすると良いのでしょうか。 水廻りは頻繁に毎日使うところ。 生活リズムや家族構成もカギとなりますよ。

さらに表示する