· 

住宅計画の外構工事、考え方


◇外構という、とっつきずらさ

外構というと、なんとなく難しそうという印象をお持ちじゃないですか?

駐車スペースってどのくらいいるの?

庭って日当たりとか重要なの?

バーベキューってどのくらいのスペースでいいの?

焼き肉の煙はお隣さんに迷惑?

 

なんとなくわからないことが多い。

あまりきちんと考えたことない。

 

そのとっつきづらさときたら。

なかなかのものです。

 

では外構工事を検討する上での、考え方を少し。
まずはこう考えてみて下さい。
「間取りと一緒」だと。

◇外構は「間取り」

みなさん間取りを決めるときには、いろいろとイメージがわいてきますよね。

どんな部屋が欲しい、どのくらいの広さが欲しい、ここはリビングに近い方が良い。

アレコレ考えるられますよね?


それ、外構も同じです。

ただ、なじみがないだけです。


「建物」を1つの部屋として考えてみてください。

その他必要な要素を、部屋として考えてみましょう。
例えば必要な部屋とは何か。

建物、駐車スペース、菜園、花壇、BBQをする場所、玄関へのアプローチ、物置など。


そしてそれぞれの必要な大きさをある程度ピックアップします。

インターネットで少し調べれば、山ほどヒットします。


最後にそれらを「土地」という名の平屋建ての建物に配置するのです。

◇概算見積もりをもらうまでの流れ

大まかに整ったら、次に移りましょう。

 

インターネットで「こんなイメージいいなぁ」と思う画像を印刷して、土地の図面にペタペタ貼ります。

それを写真で撮りましょう。

仕上げに、これまたインターネットで調べた外構業者さんに「概算見積もり下さーい」と言えば、OKです。

後日概算見積もりが届くことでしょう。


高かったら「安く済ませるならどこを変えたらいいですか?」と素直に聞く。
それで完了。

外構工事は、なじみが少ないだけです。

間取りよりも簡単で、使いやすいものを計画できます。

難しく考えないでいきましょう。