· 

玄関の段差は必要?結構靴が脱ぎづらい!


◇玄関にある段差は何?

玄関から中へ入る際に、10〜15cmくらいの段差。

ありませんか?

ご自宅になくても、友人の家などで見た事ありますよね?


あれは「上がり框(あがりがまち)」と言われるもので、外と中の境界線のような役割をします。

日本は、室内で靴を履かないのが主流ですので、このような文化があるのだと思います。

◇上がり框の意外な役割

普段の何気ない動作で気付いていないかもしれませんが、意外に役立っています。

実はその段差のおかげで、楽にくつが脱げているんです。


最近は何かと「バリアフリー」が意識されているため、段差が悪者のように言われることもあります。

ですが、少しだけ意識してみてください。

バリアフリーで段差のない玄関では、自分で自分のくつを軽く踏んで脱いでいます。

「あー確かに」って思いませんか?
段差があれば、何気なくかかとを引っ掛けて簡単に脱いでいるのです。

 

また、ブーツなどを履く女性は、段差があると座って履いていませんか?

段差がなくフラットである場合、座って履いたりするのは実は結構大変なのです。

◇段差は必要か、不要か

最近は「上がり框」を設けずに、かかとをひっかけるための金具を別に設置する家庭もあります。

また、ブーツを使用する人用に、ベンチを置いたりもしています。

 

将来、足が不自由になった場合を見据えてバリアフリーをご検討するのは良いことです。

ですが、「デメリット」と言えない程度の便利さを、可能性のためになくしてよいのか。

これを少し考えておくだけでも、間取り設計に役立つのではと思い、書きました。

 

ぜひご参考にしてみたください。