住宅のデザイン。高級感と高級品は違う。


◇「高級品」を「高級感」と勘違い

高価なものを使えばよく見えるという安易な考え、多い気がしませんか?

それは、「高級感」と「高級品」をごちゃまぜにしている考え方です。

 

これは持論ですが

「高級感を出す」ことは頭を使うこと。
「高級品を使う」ことは誰でも思いつくこと。

と考えています。

◇高級品ありきのデザインは逆効果

普及品を使っても、高級感を出すことはできます。

逆に高級品を使っても、粗悪に見えることも当然あります。


高級品を使うことが、悪いことだと言うつもりはありません。

ブランド品は、ほとんどの場合は品質も伴います。

 

ただ「とにかく使いたがる」というのは、逆効果になることが多いと言いたいのです。

 

あくまでバランスとイメージを重要視してください。

それを追求した結果、使うものがたまたま「高級品」だった、というのが理想と考えます。