· 

家の予算オーバーになった時、設計の考え方


◇設計で必ずぶつかる壁

ホームメーカーや工務店を選ぶ。

間取り提案をしてもらって、大まかな検討を進める。

そしてとりあえずの図面ができて、概算見積もりを出してもらう。

後日、見積もりが手元に届いて驚く。

 

「何か削らなきゃ・・・」

「スペースがない・・・」


間取りを検討していくと、必ずぶつかる壁があります。

 

「予算オーバー」

「広さが足りない」

 

でも、その壁を乗り越えなければ、設計は終わりません。

家も建ちません。


そんな時は、”初心に戻る事”をオススメします。
それは考え抜いたプランを白紙にすると言うことではありません。
ひとつずつ、そもそもの話に立ち返ると言う事です。
その家具は、【なきゃいけない】ものなのか。
もしくは、【あった方が良い】ものなのか。

という選択です。

◇困った時には二択で絞れ!

これから生活をしていくことを想像したときに、必要以上のグレードになっていることがしばしばあります。

削らなければいけない、もしくは減らさなければいけない物があった時には、理由を2種類に分類してみましょう。

 

◎なきゃいけないから無くせないもの

◎あった方が便利だよね、という理由で決めたもの


必ずどちらか二択のはずです。

そしてあった方が便利なものは、あきらめる決断を。


困った時には。
迷った時には。
どうしようもない時には。
それでも前に進む為には。


【なきゃいけない】
【あった方が良い】


さて。それはどっち?