LDK、DK、LK その違い


「2LDK」「1DK」「3LK」などの表記、理解していますか?

なんとなくわかっているような、わからないような。

間取り図をみると、違うようにも見えないし。

その辺を説明しましょう。

◇違いは広さにあった

ちなみに、数字の部分は「小部屋の数」を表します。

Lとは「リビング」のことで、居間です。
Dとは「ダイニング」のことで、食事をする場所。
Kとは「キッチン」のことで、台所です。

 

では、その組み合わせが異なる場合の違いはなんでしょうか?

使う人によってその区分けは変わるような気がしますが。


違いは、ズバリ広さにあります。


LDKは、10帖以上のときに表現されます。
DKは、9帖以下。
LKは、8帖以上。

実際、LKはあまり使われません。

 

そういう決めごとがあるのです。


イメージの話でしょうが、商売をする側としては、LDKと表記したいですよね。

その方が、見栄えが良いのですから。

でも、規定より狭いならば使えないのです。

 

きっと決めた当初は紛らわしくないように区別したんでしょうが、逆に混乱を呼んでしまっているのです。

 

LDK、DK、LK。

その違いは単純な話、「広さ」ということでした。