· 

子どもがいる家庭、クロス選びの基本


◇子供のいるご家庭の悩み

壁紙選びは楽しい反面、難しいものです。

壁紙は、「クロス」や「ビニルクロス」と呼ばれます。

「壁紙」といいますが、実際のところ紙だけでてきているものはほとんどありません。

現在は、より機能性の高いものに進化しています。

 

そんな壁紙ですが、部屋に入った時に視界に移るものの大部分を占めるほどに重要です。

それゆえ、傷や汚れには気を使いますよね。


特に子供のいる家庭は、汚されたり、傷付けられたりしそうで・・・。

悩みはつきません。

◇壁紙の種類を理解する

ところで、壁紙には2種類あるって知ってますか?
「500番」と「1000番」です。

 

以前は、1m2当たり500円で貼れるから「500番クロス」。

1m2当たり1000円かかるから「1000番クロス」と言われいたそうです。


壁紙を選ぶときに、設計担当が用意するのは概ね1000番のクロスです。

デザインも種類も豊富。

最近は、ディズニーなどのキャラクターとタイアップしているものまであります。

 

機能性も様々。

防虫タイプ、汚れ防止、抗菌、湿度調整、夜になると光るクロスなんてものも出てきています。

 

ただ、当然機能が良くなれば価格もそこそこにお高くなるのも現実の話です。

◇子供のいるご家庭へのご提案

良いデザイン、高い機能性。

1000番クロスは、高価な分だけの価値は十分にあります。


ですが子供がいる家庭が心配しているのは、その壁紙が必ず汚されたり破られたりするということ。

せっかく高価なものを選んでも、そこがネックになる。

 

そこでご提案です。

子供が長く過ごし、良く遊んだりする場所がありますよね。

例えば居間や、子供部屋、階段などがそうだと思います。


考えてみてください。

「高いクロスを貼る」ということは、「張り替えるときも高い」ということです。

ならば、子供が遊ぶような場所には、安いクロスを張れば、万が一傷つけられてもリーズナブルじゃないですか。
先の事を考えると、そういう場所には500番クロスから選ぶのが良いと思います。

そして、迷ってしまいがちのクロスデザインも、選択肢が狭まり、選びやすくなるということもありますあ。

とはいえ、一般的な柄はちゃんと揃っています。

 

将来を見据えた節約の仕方も、視野に入れてみてはいかがですか?