· 

階段の踊り場とは。実は「子供の命を守る」役割


◇踊り場の意味ってなに?

階段には大抵、踊り場というものがあります。
真ん中くらいにある、平らな場所です。


あれ、何のためにあるのかご存知でしょうか。


登り疲れた時にひと休みする場所?
違います。
子供の遊び場?
ちがいます。

 

お応えします。

階段の踊り場とは「転がり落ちた時に、下まで行かない為の場所」なのです。

◇踊り場は先人たちの知恵

昔から階段での事故は非常に多かったといいます。

現在でもなくなったわけではありません。

 

そこで先人たちは考えました。

少しでも改善できないかと。

そこで思いついたもの。

それが「踊り場」だったのです。

 

万が一転がり落ちたとしても、踊り場まで。

命を大切にするために、先人たちが考えた知恵なのです。


安全上のものなので、建築基準法でも細かく規定させるほどに重要です。
スペースが取れないからと、踊り場を無くしたりしてませんか?
お子様や高齢者の方の為に、再検討するのも、ひと工夫ですね。