· 

間取り迷子も、結局最初のプランに戻る説

◇間取り迷子とは

間取りを検討していくと、最初は理想を追いかけて組み立てみます。

いったん一通り出来上がった頃には、少し知識が付いています。

そして、気になったところを調整していく。

そうしているうちに、だんだんこんがらがってきて、よくわからなくなっていく。

もともとなんでそうしたのかすら見失って、嫌になっていく状況にいる人。

 

そんな人のことを、一部では「間取り迷子」と呼んだりします。

 

◇間取り検討は、複雑なのです

考えれば考えるほど、いろいろ気になっていきます。

 

最初にプラン組み立てみる。

・・・気に入らない。

配置を色々といじくる。

・・・やっぱり気に入らない。

居間をこっちに、キッチンを大きく、子供部屋を1階に。

・・・しっくりこない。

インターネットで間取りを検索してみる。

・・・いいのが見つからない。
風呂とトイレが遠すぎる、玄関はもっと大きく、階段はリビングにいれちゃおうか。

・・・なんか変。

気を取り直して、調べてみる。

・・・焦ってくる。

 

住宅の間取りは、自分の生きてきた間取りに似通っていきます。

それはしょうがないこと。

でも、それに抵抗しようとしてだんだんと泥沼にはまっていく。

時間だけが過ぎていって、だんだん諦めの気持ちが入ってきます。

 

◇そしてふと気がつけば・・・

「もう、これでいいや!これでいこう!」

そして、出来上がったプランをみて驚きます。

 

最初に書いたものとほとんど同じ。


間取り迷子は、最後に行き着く先。

それは、最初のプランであることが多いのです。

いったいあの時間は何だったんだ。。

 

これ、実は建築あるあるなのです。
なんだかんだ言ってもインスピレーションというのは大切で、それは間取りにも言えることです。
ましてや最初も最後も自分で作れば尚のこと。結局自分の好みはそう曲げられないのですから。
本当に納得いかなくて、全く違うプランを希望するならば、方法は一つです。

 

違う設計士に依頼し、第三者目線で新たに描いてもらうこと。


そしてそれを再検討していく。

その時にはいろいろな知識が備わっていますから、その後は割とスムーズ。

間取り検討で迷うようなことがあるのなら。

きっとそれが一番良い方法なのでは、と考えます。