住宅に地下室は必要?


◇地下室は何のため?

建築物には、たいていの場合全部、もしくは部分的に地下室になっている箇所があります。
あの地下室は必要なのでしょうか?

そもそも何のためにあるのでしょうか?


実はあの地下室、名前を「PIT(ピット)」と申します。


別に地下に秘密基地を作りたいわけではありません。

何かを隠していたいわけではありません。

まして、収納が足りないから作ったわけではありません。

 

ピットというものは、水廻りの配管を集約するために存在しています。
なのでトイレやキッチン、ユニットバスなどの下にピットがあるのです。

 

◇配管をピットに集約する理由

配管を集約するために、わざわざピットは作られています。

そんなことをしなくても、土に埋めてしまえばいいんじゃない?

そう思われることもありますが、もちろん明確な理由はあります。

 

例えば配管を土の中に埋めてしまったとしましょう。

配管設備というのは建物よりも寿命が短く、壊れてしまうこともあります。

そんな時、埋めてしまったらどうなるでしょうか。

点検や交換作業をするために、床をはがして土を掘り起こし、壊れた場所を探し当てて、直して戻す。

そんな大々的な工事がいちいち発生してしまいます。

 

つまりその作業ができなくなってしまうため、埋めてはいけないんです。
人が入って点検を行うため、また修理を行うためにピットという名の「地下室」は必要なのです。